Nadhyのなんやかんや

アクセスカウンタ

zoom RSS 久方ぶりに天竺へD

<<   作成日時 : 2007/10/18 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月6日A

画像今回、私が乗った列車のコンパートメントはAC2クラス。日本で言えば…2等車両・2段式エアコン寝台車(?)で、利用するのは、中流または中の上くらいの収入がある人たちが多い。個人的な旅行で列車に乗るときは、いつもならAC3クラス(3等車両・3段式エアコン寝台車。そこそこ収入のある人の利用が多い)なのだが、お寺のスタッフから「AC3は最近、お客さんがよくないです。もしかしたら、危ないですから、AC2で来て下さい」と念を押された。「なぜ??????」と大きな疑問を持っていたのだが、車内探索をして、その疑問は解消された。

コンパートメントの乗客が少ないのだ。52人分の寝台車に15人程度のお客さんしか居なかった。毎回、夜の列車移動をしていたので、子どもから大人までごったがえす、にぎやかだけれど、人が沢山いてちょっぴり安心感のある様子が常だとおもっていた私は、このガランとした車内にいるのが一瞬不安になった。外人は女一人の私だけ。あとのお客さんは、50代くらいの男性が3人、夫婦が3組に、同い年くらいのビジネスマン風の男性が4人に、頭にターバンを巻いたシーク教徒の親子1組。しかし、キョロキョロと車内の様子を確かめながら歩く外人には、誰も全く興味を示さない。妙に落ち着いた空気が車内にあることに気が付いた。

これがAC3コンパートメントだったら…と考える。別に、AC3クラスが悪いという事はないが、一人旅の外人に興味を持って声をかけてきたり、興味を持ってじっくりと観察されたりする事が多い。話しかけられて楽しかったりもしたが、ウザかったこともある。人が大勢いる車内なら、多少の不安はあっても受け入れる事ができるが、ガランとした車内で、興味を持って話しかけられたり、じっくりと観察されるのは、多少身の危険を感じると思う。何もなかったとしても、15時間近くもそんな中で過ごすのは辛い。昼間の列車を知らなかった私には新しい発見だった。

しばらくすると、水・毛布にシーツ・タオルが配られた。ACコンパートメントに乗車している乗客にされるサービスだ。
画像











画像














食事係りのボーイさんも朝食のオーダーにやってきた。「グッドモーニング!マダム♪」「ブレックファースト!ベジ?ノンベジ?ドゥーユーウォント チャイ?セパレート!」元気いっぱいでひざまづいてオーダーを聞いてきた。移動続きで疲れていたので、お腹に優しいだろうと思ってベジタリアンメニューとチャイをオーダーした。30分ほどして運ばれてきた朝食は野菜コロッケが2個に食パン2枚というヘビーなベジタリアンだった。しばしの間、にらめっこをしていたが、コロッケを残して、パンとチャイで朝食を済ませ、シートにシーツを敷いて、寝床の準備をはじめた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久方ぶりに天竺へD Nadhyのなんやかんや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる